« 北急9000系9003F陸送 | トップページ | アメリカで鉄道を撮った日々 »

2016年3月27日 (日)

Tehachapi Loop(テハチャピ ループ)へ鉄分補給




こんにちわ~

さてお待たせいたしました。

アメリカ出張に来て2ヶ月になってしまいましたが

ようやくアメリカでの話題ですw

忙しかったり、勉強したりと色々あってなかなか書けず

またまた溜め込む形に・・・(ノ_-。)

ゆっくりでも書いていきます(o・ω・)ノ))


さて2月14日 バレンタインデーですね

アメリカ ロサンゼルスから車で3時間ほど北にある

Tehachapi Loop(テハチャピ ループ)へ会社の人らと行って来ました。

鉄道誌などでは有名どころだそうです。

ではどうぞ。



ロサンゼルスからは約3時間ほどかかりますが

済んでる場所からは1時間ほどで着きます。

Dscf7136

着いて直ぐやってきました。



Dscf7137

ループが約1マイルあるそうで

有名な1マイルトレインだと後部がトンネル通過中に上を先頭車が通過していきます。

1発目に来た貨物はまさしく1マイル越え!

いや~長い長いw



Dscf7140

カメラの性能上切れてしまってますが・・・

先頭車がループを抜ける頃に後部はまだループに入ったばっかり

ちなみに機関車が5機+2機の7機牽引で

1マイルトレインの最長にもなるとさらに真ん中にも機関車が来るそうで

まだまだ短いほうの1マイルトレイン



Dscf7147

逆光ですが反対側はS字カーブになっており

順光だと綺麗そうw

空気がとても清々しく最高のロケーションでの撮影ですw

そうこうしていると続行で再び貨物がやってきました。




Dscf7150

アメリカならではの海コン2段載せ

日本じゃ海コン載ってる貨物自体ほとんど載ってませんね



Dscf7151

後続の貨物は1マイル無さそうです。

しかしここまで綺麗にループが見れる場所があるとはw

まるでジオラマの世界ですww



Dscf7157

日本のコキにあたる貨車を見てみます。

日本とそんなに変わりないような感じですが・・・



Dscf7160

連接が混ざってたりします。

これは日本にはなかなか無いですねw

短時間で2本撮れ満足し移動します。



次はMojave Air & Spece Portへ

飛行機が最後に降り立つ場所の一つ

モハ-ヴェ空港。

飛行機の墓場です。

ジャンボジェット機がずらり並んでいたりと

普通の空港ではありえないほど綺麗に並んでます。

しかしそこは墓場・・・

解体を待つ機体たちです。

残念ながら撮影禁止なので写真はありません(ノ_-。)



Dscf7201

モハーヴェ空港入り口には旅客機と戦闘機が

詳しくないのであまり分かりませんが・・・

そして移動

近所にある風力発電群に向かいました。

なぜ群かって?





Dscf7185

おびただしい数の大小さまざまな風力発電が並んでいるからですw




Dscf7183

日本でも多い場所はありますがここまで多いところはありませんww



Img_5155

近くで見るとやはり迫力がありますw

そしていつも思うことが・・・

(倒れないんかな・・・笑)

そしてアパートへと帰りました。

また行きたい所ばっかりの旅でしたww



番外編

途中で昼飯にJack In The Boxというハンバーガー屋へ

こっちでは結構有名ですw

アメリカのハンバーガ屋で日本の感覚で飲み物頼むと驚きますw



Img_5148

右からS、M、Lサイズ

Sサイズですでに日本のMサイズぐらいありますwww

なのでアメリカに来てハンバーガー屋に行ったときは

注意しましょうww

ちなみに店によってはEXTRA Largeと言って

Lの上があります笑




最後までありがとうございます。

|

« 北急9000系9003F陸送 | トップページ | アメリカで鉄道を撮った日々 »

アメリカ出張」カテゴリの記事

コメント

アメリカはスケールが違う!って感じだ〜
ハンバーガーもボリュームありそうだ!

投稿: momo29 | 2016年3月29日 (火) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1451932/64670422

この記事へのトラックバック一覧です: Tehachapi Loop(テハチャピ ループ)へ鉄分補給:

« 北急9000系9003F陸送 | トップページ | アメリカで鉄道を撮った日々 »